【多アクセス御礼】PSリモートプレイ用のデバイスに悩んでいる方がいたら、こちらの記事をぜひご覧ください!

【PS5対応】初めてのゲーミングモニターの選び方をざっくり解説!

ガジェット情報 ゲーム用語解説

モニターの違いわからない問題

ゲーム用のモニターって、めちゃめちゃ種類が多いですよね。
どれ買えば良いのかわからない・・・とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

で、調べると、色んなサイトやブログでたくさんの情報があります。
ででで、調べた結果、余計どれにしたら良いかわからなくなるんですよね。

今回は、これまでに5種類ほど(微妙)のゲーミングモニターを使ってきたぼくが、ややこしい話はなるべくナシにして選び方を伝授します。
いつもどおり独断と偏見で、悩んでいるあなたの背中を押したいと思います。
選び方のテーマとしては、

PS5などの次世代機で十分に使えるレベル

これでいきます。

最重要なこと

「ゲーミングモニター」を探す

「モニター」で探すと、ビジネス用のやつとか出てきます。
ビジネス用のものはゲームに最適化されていないので、後に述べるリフレッシュレートなどの点で悲しい買い物になること請け合いです。
「いや、仕事用としても使いたいんだよね〜」
という方がいたら、ご安心ください。ゲーミングモニターは、ビジネス用モニターの完全上位互換です。仕事用としても問題なく使えます。
ぼくもそうしてますが、最高に使いやすいです。

解像度リフレッシュレート

なんのこっちゃと思うかもしれませんが、

  • FHD/120Hz以上
  • 4K/60Hz以上

このいずれかの表記があるものにしてください。
また、リフレッシュレートに関しては、▼前の記事でも少しだけ触れたのでよかったら見てみてください。

改めてカンタンに意味をお伝えすると、

解像度

F(フル)HD・・・画面のドットの数が 1,920×1,080(207万3,600画素)
4K・・・画面のドットの数が 3,840×2,160(829万4,400画素)

リフレッシュレート

60Hz・・・1秒間に60コマ表示できる
120Hz・・・1秒間に120コマ表示できる

解像度は、高いほど精細な画像が表示できる
リフレッシュレートは、高いほどヌルヌルとした動きが表示できる

ということです。
ですがぼくは、次に述べるディスプレイサイズの問題で、ゲーミングモニターに4Kは必要ないかな・・・と思っています。
なので、FHD/120Hz以上のものを選べばいいと思います。

ちなみに補足を2点。
・「WQHD」という、FHDと4Kの中間の解像度のものもあります。これでもいいんですが、PS5は4Kには対応するがWQHDに対応していないことが明らかになったので、FHDでいいと思います。
・4K/120Hzはないの?と思われた方。現在日本にはほとんどそのようなモニターは売ってません。海外サイトで頑張ったりするとあるかもですが、基本高額だと思いますし、PS5など次世代機でも「4Kかつ120fpsで遊べるゲーム」はほとんどないだろうと思っています。4Kの場合ほとんど60fpsになると思います。もしあったとしても、グラフィックがそこまで高いレベルのゲームではないと思いますので、FHD/120Hzで十分なはずです。なので探さなくて大丈夫です。

ディスプレイサイズ

  • リビングでゲームしたい・・・27型以上
  • デスクでゲームしたい・・・24〜27型

これでいいです。上記解像度とリフレッシュレートを加味すると、選択肢はほぼ24か27か、になると思います。
24インチというのは、多くの職場にあるモニターのサイズです。
27インチ以上は、31インチくらいしかないかもしれません。
リビングでそれは小さいと思ったあなたは、それでも楽しめる専用のデスクやスペースを作ったほうが良いです。

ちょっと重要なこと

応答速度

  • 1〜6 m/s と表記があることを確認する

ガチでFPSやるとかでなければそこまで重要じゃないのですが、念の為確認してみてください。
この表記が見当たらない商品の場合、ゲームに適さない商品の可能性ありです。
ちなみにこの数字が高いほど、「残像が増える」という指標になります。

入力ポート

  • HDMIポート数:2以上

のものがおすすめです。何かというと、ゲーム機やPCとつなぐときのHDMIをさすところが何個あるかってことです。
他のゲーム機とかPCでも使うつもりの方は、これが足りないと毎回抜き差しするはめになります。
一つのゲーム機専用で使うのであればポート1つでも問題ないと思います。
ちなみに、Display Port というのは、HDMIとは別の端子になるので注意してくださいね。

ついてるとうれしいこと

色補正機能

「ブラックイコライザ」というのはBenQというメーカーの一部のモニターにある機能ですが、ゲーム画面の黒色を明るくする機能です。
暗がりに隠れる敵を見やすくしたりすることができます。
FPSなどで勝率を上げたい人にはいいのかもしれませんが、こういうのを「ハードウェアチート」という、いわゆるズルとみなす方もいらっしゃいますので、ご利用にはお気をつけて。

モニタースタンドの稼働域

モニターの上下の高さ調節とか、縦向きに回転できるとか、色んなタイプがあります。仕事用にも使いたいという人は、スタンドについてもよく見てみると良いと思います。

リモコン

モニターの設定を変更するのって、モニターの横とか下にあるボタンをポチポチするのが普通なんですが、たまにリモコンが付属してるモニターがあったりします。あると地味に便利なので、まあよかったらという感じです。

まとめ

以上となりますが、モニターには本当はもっともっと色んな要素があります。
もっと詳しく知りたくなったら、ぜひGoogle先生に聞いて色んなサイトを見てみてください。

最後にいくつか、今買うなら個人的におすすめのモニターのリンクを貼っておきます。

▼I-O DATA ゲーミングモニター GigaCrysta(インチは選択できます)

▼商品リンクはこちら

▼ASUSゲーミングモニター VG258QR(インチは選択できます)

▼商品リンクはこちら

▼BenQ ZOWIE XL2411K(別機種との選択式になってるので注意!

▼商品リンクはこちら