【多アクセス御礼】PSリモートプレイ用のデバイスに悩んでいる方がいたら、こちらの記事をぜひご覧ください!

【iPhone/iPad】PSリモートプレイにおすすめなAppleデバイスを比較&紹介!

その他のガジェット ガジェットレビュー ガジェット情報

2020/12/15 追記:iOS14.3/iPadOS14.3のアップデートが来ました。
PS5コントローラーへの対応がされる予定で、ベータ版では出来ていたようですが、実機で確認してみたところ接続出来ないですね・・・次回に延期されたのかな。

先日PSリモートプレイに関する記事▽を上げたところ、このサイトの中でも多くのアクセスが集まっており、情報収集されている方が多いのだなと感じました。

そこで今回は少し掘り下げて、「デバイスによってPSリモートプレイにどんな差があるのか」を記事にしてみます。
※外出先でのリモートプレイは遅延が大きく安定もしないので、僕はおすすめしません。本記事は家でリモートプレイする前提で書いていきます。

もし今から購入を検討されている方がいれば、結論から言うと10〜11インチのiPadのどれかを選ぶのがおすすめです。

画面サイズで比較してみる

▲左からiPhone SE2、iPad mini、iPad Pro 10.5インチ

我が家には、

・iPhone SE2/4.7インチ
・iPad mini/7.9インチ
・iPad Pro/10.5インチ
・iPad Pro/12.9インチ

があるので、これらを使って比較していきます。
ちゃんとしたカメラがなく、見えづらい部分が多々あるかと思います・・・ごめんなさい。

iPhone

▲iPhone SE2

iPhone SE2/4.7インチでのリモート画面はこんな感じ。
正直小さすぎる印象です。小さい文字などはほぼ見えない・・・。
ちなみに以前、iPhone 11 pro max(6.5インチ)を持っていてリモートプレイも試しましたが、それでももうちょっとサイズほしいなと感じました。

結論としては、スマートフォンでやるのであればデカければデカイほどいい。と考えていいかと思います。

iPad

▲iPad mini

iPad mini/7.9インチだとこんな感じ。手持ちであれば十分なサイズです。
個人差はあると思いますが、手持ちで快適に遊べる下限サイズは7〜8インチくらいなのではないかなと思います。

▲iPad Pro10.5インチ

続いてiPad Pro/10.5インチ
これくらいあると利用幅が広く、僕の場合は前の記事で触れたとおりベッドで利用しております。利用スタンドはこちら▽。

同じ使い方をされるのであれば、10〜11インチのサイズが大きすぎず小さすぎずでベストだと実感しています。おそらくこれ以上大きいと、目元から離して設置することになり、タッチ操作がやりづらくなるのではないかと。

ただ、このサイズは机に置いてプレイするということであれば少し小さく感じると思います。ではもう少し大きいサイズだとどうでしょう。

▲左がiPad Pro 10.5インチ、右がiPad Pro 12.9インチ

こちらの写真右がiPad Pro 12.9インチです。机だとちょっと小さいと感じる方のほうが多いかもしれませんが、ぎりぎり許容範囲かなと思います。

ベッドなどで使うのもいいですが、上述の通りちょっと大きいと感じる方が多いかもしれません。
スタンドも、この大きさまで対応しているものは少なかったりします。一応ひとつ商品も紹介▽しておきます。

ちなみに、WindowsやMacのPCにもPSリモートプレイアプリは存在します
PCの場合、13インチ以上の画面サイズであれば支障なくプレイできるかなと思いますが、机でプレイするのであればやはり24インチくらいは欲しいので、モニターに繋ぎたくなりますね。
でも、だったらPSを直接モニターに繋げば良いわけで・・・。どうしてもそれが難しい方に限って、PCでのリモートプレイもおすすめしておきます。

リフレッシュレートで比較してみる

我が家のデバイスのリフレッシュレートは下記の通り。

・iPhone SE2/60Hz
・iPad mini/60Hz
・iPad Pro 10.5インチ/60〜120Hz
・iPad Pro 12.9インチ/60〜120Hz

ただ、(あくまで現在の)PSリモートプレイ利用中のデバイス側のフレームレートは最高でも60fpsですので、結論どれでも変わらないです。

デバイスを選ぶ際、「120Hzのほうが良いのでは?」と考えてる方がいたら、PSリモートプレイに限っては60Hzと変わりませんのでお気をつけて。

Wi-Fi規格で比較してみる

AppleデバイスのWi-Fi規格については、ソフトバンクのサイトが見やすいので確認してみてください。我が家のデバイスで言うと、

・iPhone SE2/Wi-Fi 802.11ax(いわゆるWi-Fi6)
・iPad mini/Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
・iPad Pro 10.5インチ/Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
・iPad Pro 12.9インチ/Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac

こんな感じです。(iPad Pro 12.9インチは第3世代のものです)
Wi-Fi6というのは、最新のすごく早いWi-Fiのことです。

また我が家では、1Gbpsの回線を契約してます。なのであまり意味はないのですが、ロマンを感じてWi-Fi6対応のルーター▽を使いネット環境を構築してます。
その結果、iPhone SE2だけがWi-Fi6の恩恵を受けております。

ただ、ぶっちゃけPSリモートプレイに関してはWi-Fiの規格はほぼ関係ないです。我が家ののデバイスを繋いだ時に、それぞれ違いがあるかと言われると、ほぼないですね。

重要なのは、

  • PS機を有線LANで接続すること
  • Wi-Fiルーターとデバイスの距離がなるべく近いこと

です。なのでWi-Fi観点でのデバイスの検討においてはどれを選んでもよく、上記2点の環境づくりに意識を向けましょう。

値段で比較してみる

我が家のデバイスはもう廃番の物もあるので、現在販売しているもの(2020/11/27時点)たちを比較してみます。

Appleデバイスは沢山あるので全部並べるのも大変ですし見にくいと思いますので、これまでの比較からいくつかに絞ってみます。

また、スマートフォンというものは様々な目的から利用機種を選択すると思いますので、PSリモートプレイに限っては画面がデカイほど良いですよということだけ添えつつ、iPadのみ比較をさせていただきます。

iPad(第8世代)

定価:34,800円(税別)から

ポイント
・圧倒的コスパで、動画鑑賞、読書程度であれば十分すぎるスペック
・10.2インチのディスプレイ、最大60Hz
・ホームボタンあり/Touch IDあり/Face IDなし

▼購入はこちら

iPad Air(第4世代)

定価:62,800円(税別)から

ポイント
・無印とProの中間スペック
・10.9インチのディスプレイ、最大60Hz
・ホームボタンなし/電源ボタンTouch IDあり/Face IDなし

▼購入はこちら

iPad Pro 11インチ(第2世代)

定価:84,800円(税別)から

ポイント
・現在最もスペックの高い、iPadのPro版
・11インチのディスプレイ、最大120Hz
・ホームボタンなし/Touch IDなし/Face IDあり

▼購入はこちら

iPad Pro 12.9インチ(第4世代)

定価:104,800円(税別)から

ポイント
・現在最もスペックの高い、iPadのPro版
・12.9インチのディスプレイ、最大120Hz
・ホームボタンなし/Touch IDなし/Face IDあり

▼購入はこちら

まとめ

  • スマートフォンは画面が大きいほどPSリモートプレイがやりやすい
  • PSリモートプレイも利用するタブレット購入を検討しているのであれば10〜11インチのiPadがおすすめで、最安のiPad(第8世代)でも全く問題なし
  • より快適に遊びたければデバイスはサイズだけ気をつけて、自宅のネット環境を整備しよう

個人的にはiPadはすごく生活を豊かにするものだと思っています。
iPad自体でもStoreで購入すればゲームがありますし、面白いものもたくさんあります。(最近僕はロマサガ3をやり直して楽しんでます)

もしタブレットをお持ちでないようであれば、iPadの購入を是非検討してみていただければと思います。

今回は以上となります。みなさんのゲームライフがより充実しますように。

質問があれば、Twitter(@GaSaP_3)にてDMいただければ可能な限りお答えしております。