【多アクセス御礼】PSリモートプレイ用のデバイスに悩んでいる方がいたら、こちらの記事をぜひご覧ください!

2020年買ってよかったものランキング!TOP1〜5【G913 TKLなど】

その他のガジェット イヤホン/ヘッドホン/ヘッドセット ガジェットレビュー キーボード マウス

どうもGaSaPです。寒い日が続きますね・・・。

今年ももうすぐ終わりということで、今年買ってよかったものランキングを記事にしました。
こういう記事は初めて書きますので、紹介した商品について不明点や聞きたいことがございましたらTwitter(@GaSaP_3)でお気軽にご連絡いただければと思いますm(_ _)m

なお、PS5には大満足してるんですが、手に入りづらい現状ですので除外しています。

5位・デスク用こたつ

片面が開放された直方体のような形

今寒いせいで自分の中で順位が急上昇しました。

思っていた以上に暖かく、特に冷えやすい足元の強い味方です。
仕事中、ゲーム中、共に活躍しています。足元が温かいだけで、エアコンの温度を下げても耐えられるようになるんですよね。結果、電気代に優しいんじゃないかと思ってます。
僕が買ったのは▼ですが、探すとたくさんの種類の商品があります。もっと良いものもあるかもしれないです。

いいところ

  • シンプルにあったかい
  • 温度調節ができる

悪いところ

  • 自動OFF機能がなく消し忘れが怖い
  • リモコンが有線で、コードが短くちょっと扱いづらい
▼商品リンク

4位・ゲーミングチェア&ゲーミング座布団

ゲーミング〇〇って実際どうなのよって思われる方多いかもしれませんが、ゲーミングチェアはめちゃめちゃいいです。僕が買ったのは▼こちら。
有名でちょっと高価な「AKRACING」の・・・たぶんパクリです。
でも、はっきり言ってこれで十分でした。

ゲーミングチェア+ゲーミング座布団

写真の通り、▼こちらの座布団と組み合わせることで最強になります。

双方、長時間のゲームプレイにおいて少しでも体への負担がなくなるように設計されています。つまり、仕事で長時間デスク業務をするにもうってつけなのです。

いいところ

  • 肘掛け、高さ調節、クッションなどにより、長時間座っていても疲れない
  • 背もたれのリクライニングが可能で、漫画喫茶のように椅子で横になれる
  • 多機能にも関わらず値段が安い

悪いところ

  • 青を買ったら、派手なので仕事のオンラインMTGの際ちょっと気まずい
  • 肘掛け調節が上下のみで、左右が不可
  • クッションを固定するゴムの頭部側が数ヶ月で緩んできた
▼商品リンク

3位・マウス – Razer Viper Ultimate

僕は初めてのゲーミングマウスにLogitechの▼G502 Lightspeed Wirelessを購入し、ゲームをしていました。多ボタンマウスというやつで、仕事用としてもすごく優秀です。

ただ、ゲーム時にどうにもエイムがうまく行かず。特に瞬発的な動きが苦手でした。そこで、軽くて使いやすそうなものを選定し買ったのがこちら。

Razer Viper Ultimate』 です。

ちなみに、▼『Razer Mouse Grip Tape』を貼り付けています。

これが、最高でした。
LogicoolのG PRO WIRELESS とも悩んだのですが、Logicoolの管理ソフトが好きになれない事と、充電スタンドが便利そうだなという理由でこちらにしました。

充電スタンド。置くだけで充電できる
充電状況は色でも判別できる

このマウス自体には、取り立てて目立った機能はないんです。
ただただシンプルに、軽くて正確で使いやすい!マウスに求めるものはこれだったんだなって。

いいところ

  • 74gと超軽量
  • クセのない圧倒的な使いやすさ
  • 充電スタンドが超便利
  • 専用ソフトの安定性・カスタマイズ性
  • 左右対称で左利きの方にも対応

悪いところ

  • 欲を言うと、もう1〜2個ボタンが有ると嬉しい
▼商品リンク

2位・SENNHEISER GSX1200 PRO

先日の記事でも少し登場した『GSX1200 PRO』。

ちなみにGSX1000と機能はほぼ一緒です。
これが何かというと、PCにUSB接続するとめっちゃ音が良くなるよ、というものです。

この手の製品って、いわゆる「イコライザ設定」をする必要があって、音楽の知識がない方だと苦戦したりすると思うんですが、この製品はイコライザ設定が自分でできません。
代わりに、デフォルトを含めあらかじめ準備された4パターンの音質を選ぶだけで好みの音質に切り替えることが出来ます。

このパターンが「デフォルト」「FPS向け」「音楽鑑賞向け」「映画鑑賞向け」となっており、PCでの全ての娯楽に対応してるのです・・・素晴らしい。
ちなみにゲームだと、FPS→FPS向け、RPGやアクション→映画鑑賞向けでプレイするといい感じです。
音楽鑑賞も、この曲こんないい音鳴ってたんだ・・・って気づきがあるくらいいい音に変わります。

ヘッドホン出力・スピーカー出力双方に対応しています。PCの音質をワンランク上げたいという方には激しくおすすめさせていただきます。

財布さえ許せば・・・。

いいところ

  • 音質向上と、それによる定位感の向上
  • 専用ソフトなどはなく、設定は本体タッチ操作のみでシンプル
  • 音量・マイクの調節は物理バーがあり直感的
  • サラウンド対応で、前方音/後方音のブーストができる

悪いところ

  • 値段が高い。高いよ
  • イコライザ設定ができないので細かく設定したい人には不向きかも
▼商品リンク

1位・キーボード – G913 TKL

堂々の1位はこちら。Logicool G のゲーミングキーボード『G913 TKL』です。
コロナにより仕事が在宅勤務となったため、自宅で仕事にも使えるものを探して本製品に行き着きました。

上で紹介した、Razerマウス用のグリップテープの余りをWASD、SHIFT、SPACEキーに貼り付けて使用してます。見栄えが悪くなって申し訳ないです・・・貧乏性。
しかしこれがあるだけでゲーム時の操作の快適度がかなり違いますのでおすすめです。

色は白と黒の2種類です。
キースイッチは、押したときにカチカチ言う「クリッキー」、スコスコ言う「リニア」、間を取った「タクタイル」の3種類があります。
僕のは黒のタクタイルです。

キースイッチについてはかなり悩んだんですが、YouTubeを見漁って音の良さでタクタイルに決めました。

高い買い物でしたが、最高に満足出来ている商品です。
耐久性も高そうですし、10年使い込んでやると意気込んでいます。

いいところ

  • 素晴らしい打鍵感で、仕事用としても最適。文字を打つことが楽しくなる
  • ロープロファイル、つまり普通のキーボードの半分の高さのキーなので手・指が疲れない
  • 有線接続、ワイヤレス接続、Bluetooth接続の3種類の接続が可能。左上のボタンで接続先もワンタッチで変更でき、複数のデバイスをこの1台で使い回すことが可能
  • ワイヤレス接続の遅延は全くと言っていいほどない
  • LED(キーがピカピカ光ってるやつ)をオフにすると、驚異の約1,100時間連続使用可能で充電の手間はほとんどない
  • 右上のメディア調節が超優秀。音量調節バーもあり、ゲーム、音楽、Zoomなどの音量をキーボードから調節できる
  • アクチュエーションポイント(キーが反応するまでの押下距離)は1.5mm。素早く反応してくれる
  • TKL(テンキーレス)なので場所を取らない
  • シックで高級感のあるデザイン。白も良さそうだなあ

悪いところ

  • 値段が高い。高いよ
  • 本体側の接続端子がmicroUSB
  • Macだと専用ソフト「G HUB」が不安定
  • キー割り当てのカスタマイズがF1〜F12キーのみしかできない。マクロ設定は可能
▼商品リンク

ちなみにテンキー必須という方には▼テンキー付きもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今年はコロナにより在宅勤務に切り替わったこともあり、自宅のデスク環境を整えに行った1年でした。

やはり良いものを買うと暮らしのレベルが格段に上がります。
とくにキーボードは、僕が生活で最も利用するデバイスであることもあり、良いものを探し、こだわって選びました。

数年は戦える商品ばかりですので、悩んでいる方は思い切って買ってみて、元を取れるように使いまくることをおすすめします。ゲームも仕事も楽しさが倍増しますよ!

順序が逆ですが、6〜10位もまた記事にしようと思います。
こっちは財布に優しめになりそうです。

追記:▼6〜10位も記事にしました。