【多アクセス御礼】PSリモートプレイ用のデバイスに悩んでいる方がいたら、こちらの記事をぜひご覧ください!

『G913/G913 TKL』におすすめなパームレスト/リストレスト2種をご紹介!

その他のガジェット ガジェットレビュー キーボード

僕はゲーム・リモートワーク兼用で、『G913 TKL(タクタイル軸)』を愛用しています。
以前記事にもしたのですが、昨年買ってよかったもの1位だと思っており、これのおかげで毎日タイピングが楽しく、ゲームも仕事もブログもモチベーション高く望むことが出来ています。

G913 TKLちゃん

改めて良い点をまとめると、

  • 高級感があり所有欲を満たしてくれる外観
  • タクタイルキースイッチによる、めちゃ心地よい打鍵感
  • 1.5mmのアクチュエーションポイントにより、反応が素早い
  • 有線/ワイヤレス/Bluetoothの3種類の接続が可能な上、瞬時に切り替えできる
  • 電池持ちが超いい(1ヶ月に1度充電するかどうかくらい)

といったところです。僕は、

ゲーミングPC:USBレシーバーを挿し、ワイヤレス接続
仕事用Mac:Bluetooth接続

というふうに接続し、必要に応じ切り替えボタンでパッと切り替えながら使っています。1台のキーボードで複数PCを行ったり来たりできるというのが、本当にラク。ちなみにBluetooth接続が可能なので、iPadなどのタブレット端末にも利用できます。

自分は10年くらい使ってやろうと勝手に思ってるので、良いキーボードの購入を検討されている方がいればぜひ検討リストのひとつに入れていただければと思います。

本題

このキーボードは大変気に入って入るのですが、ロープロファイル(背が低め)なこともあって、相性の良いパームレストがなかなかないんですよね。

「そもそもロープロファイルだから手が疲れづらくて、パームレストもいらない」っていうレビュアーもいるんですが、やっぱり長時間使ってると少しずつ手首や手の甲に疲れが溜まってくるんですよね。個人差もあるかもですが、僕はそうなのです。

そこで、いくつかパームレストを試した結果、相性良しと思えた製品が2つありましたので紹介します。

Logicool パームレスト MX10PR

まずはこちら、G913 TKL と同じメーカーLogicoolのパームレストです。
実はこの商品、『MX KEYS』というLogicoolのもっと薄型のキーボード用に設計されたパームレストなのです。

余談ですが、『MX KEYS』も複数台のPC接続が可能で、メインのキーボードを探したていたときG913 TKLと最後まで悩んだ製品でした。
僕はゲーム用途があるのでG913 TKLを選びましたが、仕事やタイピング用途メインであればMX KEYSもおすすめです。

で。「パームレストなくても良いんだけど、ちょっとの高さで良いからあると嬉しいんだよなあ」とG913 TKLのパームレスト問題に対し、まさに丁度いい製品なのです。

ホコリが目立ってすみません

この通り、実寸7mm弱の本当に薄型のパームレストとなっていて、見事に需要を満たしてくれます。表面は低反発のクッションになっていて、かつサラサラしたさわり心地で使用感もとても良いです。

また、この薄さがMac純正のMagic keyboardにもピッタリ合います。もしMagic keyboard用のパームレストを探している方がいたら本製品はオススメです。

唯一のマイナスポイントが、裏面。

logiのロゴあり

▲こちらが裏面なんですが、一見表面と同じくキレイでいい感じですよね。
でもね。それじゃだめなんですよ!

パームレストの裏面は、「スベらなくてナンボ」なんです。これは僕譲れません。でも本製品は薄いこともあり軽いので、そもそもズレにくいです。
でもでも、少しズレるんですよ。それじゃだめんなんですよ!(しつこい)

近々、グリップテープを買って裏面に貼ってみようと思ってます。具合良ければ本記事に追記します。

追記

最強の姿になりました

裏面に▼こちらのグリップテープを貼ったら無事最強になれました!
というかこのグリップテープ、めちゃくちゃ汎用性が高そうなのでリピート購入して色んな使い方試してみます。

HyperX リストレスト HX-WR

以前の記事でも紹介したこちら、HyperXのリストレスト。

ちなみに、パームレストというのは「手のひら用」、リストレストというのは「手首用」らしいです。リストレストであるこの製品は、少しキーボードから離して設置して、手首あたりがあたるように使うとちょうどいい感じです。

本製品の良いところは、「クールジェル低反発クッション」。

硬すぎず柔らかすぎない絶妙な反発と、クールジェルによる少しヒヤッとした肌触り。これにより、疲れず蒸れず長時間タイピングが楽しめます。

滑り止めぎっちりな裏面

▲こちらの製品に関しては滑り止めも最高。ぎっちり滑り止め加工がされていて、まあ滑りません。HyperXさん、ほんといい仕事をしてくれます。

近づけすぎると少し高すぎる

▲難点はほぼありませんが、もしかしたらロープロファイルに対して使うには少し高い(値段じゃなく高さの話です)と感じる人がいるかも・・・厚さは22mmです。僕は慣れたこともあり、快適に使うことが出来ています。

まとめ

今回はG913/G913 TKLに特化した形で記事にしましたが、どちらも本当に良いので、僕は気分によって使い分けています。

また、今回の2製品はそれぞれ「薄型のキーボード」「普通の高さのキーボード」に合わせるものとして非常に優良な製品だと思います。他のキーボードをお使いの方でもきっと満足いただけるはず。

皆さんのキーボードライフがより良くなりますように。